トップページ ≫ 呼吸法での健康管理

呼吸法での健康管理

呼吸法でダイエットするというのが流行ったように、普段何気なくしている呼吸の仕方に気をつけると健康管理に役立ちます。

 

人は普段、胸式呼吸が腹式呼吸をしています。ほとんどの場合、胸式呼吸で間に合わせている人が多いでしょう。腹式呼吸といえば、大きな声を出したり、歌うときのための呼吸法として利用しているかもしれません。

 

しかし、普段の呼吸で腹式呼吸を意識して取り入れるようにすると、体内に酸素の量が増えることから代謝のアップにつながります。

 

緊張しているときなどは、胸で浅い呼吸をしがちです。そんなときには、深呼吸をすることで落ち着くと教わったことがあるでしょう。深呼吸は、体内に多くの酸素を取り入れることになります。

 

できるだけ、胸で呼吸せずに、お腹から息を吸ったり吐いたりするようにしてください。すると、よりたくさんの酸素を取り入れられると同時に、リラックス効果が高まります。

 

気分が落ち込んでいるときに出るため息は、体内の悪い空気を外に出そうとしている証拠です。疲れが溜まりがちと感じたら、深い深呼吸をしてみてください。すると、新鮮な酸素が体内にとりこまれて、頭もスッキリするはずです。もちろん、空気のきれいなところで呼吸することが大切です。

 

アロマオイルなどを利用して、効果的に香りを取り入れるのもよいでしょう。散歩などで深呼吸をするときは、大気が汚れていないときのほうがよいので、早朝の空気が澄んでいるときを狙いましょう。

Copyright (C) 2017 集中力を高めるサプリ@脳活性化に良いのは? All Rights Reserved.